カート 商品 お問い合わせ

複数の意味を持つ「生分解性」という言葉

地学の授業を最後に受けたのは、ほとんどの人にとってずいぶん前のことでしょう。もう20年も科学の教科書を手にしていないという方は、そろそろ復習の時期かもしれません。

また、自分が自然を知り尽くしていると思っているのなら、今こそそれを証明する時です。ここでクイズを出題します。

生分解の定義は何でしょう?

この言葉は、環境にやさしい製品のタグやニュース記事で見聞きしたことがあると思いますが、その正確な定義をご存知でしょうか。

生分解性のある素材をどのように分類するかについては、一般的に科学者の間で意見が分かれており、また、住んでいる地域によっても定義が変わってくると知ったら、驚かれるでしょうか?

複数の意味を持つ「生分解性」という言葉

自然界の法則としての生分解性

おそらく、ほとんどの方が次のようなことをお答えになったのではないでしょうか。”製品が分解される自然のプロセス “といったところでしょうか。ある程度正しいのですが、これがすべてではありません。

普遍的な定義はありませんが、一般的に生分解性とは、有機物が微生物によって分解されたり、腐敗したりする能力のことを指します。科学者たちは、この定義をさらに分類しています。生分解には、好気性と嫌気性の2種類があります。

生分解の過程で酸素が存在する場合は好気性と呼ばれ、酸素が存在しない場合は嫌気性と呼ばれます。一般的な概念は同じで、微生物が有機物を食べて他の物質に分解します。酸素があるかないかで、このプロセスにかかる時間、分解される量、残される副産物が変わるのです。

すべての有機物は生分解性です。朝食で残ったリンゴの芯、穴のあいた一番いいコットンシャツ、お弁当と一緒にもらったアルミ缶・・・実はすべて生分解性なんです。しかし、それが分解される過程には、何千年とは言わないまでも、何百年もかかる可能性があるのです。では、「生分解性」のラベルが貼られたお気に入りのグリーン製品と、ビニール袋やガラス瓶を区別するものは何でしょうか?

複数の意味を持つ「生分解性」という言葉

法の規則としての生分解性

生分解性であるか否かの世界共通の呼称を科学者に作らせるのは簡単なことですが、ここで世界各国の政府が介入してくるのです。どの国の製品であっても、生分解性という有利な称号を得るためには、一定の基準を満たさなければならないのです。先ほどのポップクイズの答えが良かったという前提を覚えていますか?しかし、政府の目から見ると、それは十分ではありません。米国政府が発表している生分解性製品の定義を見てみましょう。

”経済協力開発機構(OECD)と化学品安全・汚染防止局(OCSPP)のガイドラインによると、10日以内に合格レベルに達する必要がある…”

これはかなり厳しく、間違いは一切許されません。このような規制の作成に携わった人でなければ、クイズの答えとしてこれは出て来ないでしょう。では、EUが提示している定義を見てみましょう。

”生分解性:6ヶ月以内に元の物質の90%以上が生物学的プロセスによってCO2、水、ミネラルに変換されること。”

口先だけではありません。これは、E.U.が生分解性に関して、異なる産業間での公式かつ普遍的なテストを用意していないことに関係しています。

ここで、少し考えてみましょう。プラスチック業界は、独自のコンポスタブルの定義に基づいて運営されています。多くのプラスチックメーカーは、自分たちが作り出した定義そのものを使って、自社の製品を「コンポスタブル」と表示することができるのです。

ここで疑問が生じます。より環境に優しい未来を保証するための厳格なガイドラインを追求する中で、政府や企業に科学的原則の定義を決めさせることは正しいことなのか、考えてみる必要があるかもしれません。

オーサー
ブランドロゴ
Strawlific Team
メルマガ登録はこちら

アカウントをお持ちでない場合は、下のボタンをクリックしてアカウントを作成することです