カート 商品 お問い合わせ

ヴィーガンとプラントベースの食事の違い

ヴィーガンとプラントベースの食事を解説

ヴィーガンの食事・プラントベースの食事、このどちも近年注目されていますが、違いをご存じでしょうか?ベジタリアン・ヴィーガンに興味はあっても挑戦のはハードルが高いと感じている方、プラントベースという言葉にピンとこない方にとって、この記事はきっとこれらの食事法の魅力に気づくヒントになるはずです。

ヴィーガン

一般的に乳製品、肉、鶏肉、魚、卵、蜂蜜など、すべての動物性食品を排除します、ヴィーガンは動物性食品を一切使用しません。(ヴィーガンについてさらに詳しく知りたい方はこのサイトにヴィーガンに関する記事がございます。

植物性・プラントベース

植物ベースの食事では、動物性食品を摂取するかどうかを決めることができ、植物由来の食品を主に食べることに重点が置かれています。果物、野菜、ナッツ、全粒粉など、主に植物を食べることに重点を置いています。

健康面で支持される食事方法

健康維持やダイエット法として植物性・プラントベースの食事が一般的な方法として浸透しています。

理由の一つは、一部の動物性食品が健康に影響を与える可能性があるというエビデンスがあるためです。¹手軽に手に入る加工肉(ハム、ソーセージ)が発がん性食品であることや、赤身肉の健康リスクなど、長期的な摂取により体調不良等を引き起こす原因になりうるという研修結果も発表されています。

健康資本、健康は食からという意識がプラントベースの食事が好まれる理由の一つです。

プラントベースの食事が良い環境につながる 

²特に牛は深刻なガス排出源として知られています。餌を消化するため胃の中にメタン菌が大量に生息しており、その細菌が揮発性脂肪酸を生成し、この酸から肉や乳がつくられます。しかしこのメタン菌は、温室効果ガスであるメタンも生み出しその量は、年間20億トン(二酸化炭素換算)。温室効果ガスの実に4%を占めています。

安易に始めてはいけないわけ│落とし穴

倫理的、環境的、健康的な理由からこのような食事法はとても良いように見えますが、健康上の利点がある一方で、注意すべき点もあるのです。ヴィーガン、プラントベースの食事法が万人に対して必ずしも健康に良いとは限りません
基礎疾患がある、通院している方、健康に関して何らかの不安がある方は必ず医師にどのような食生活があなたにとってベストか相談してください。

ヴィーガン、プラントベースの食事ポイント

非加工食品、つまり野菜チップスや缶詰食品できる限り避け自然の状態に近いものを食べるよう心がけてください。
³また、動物性タンパク質を食べない場合、植物性タンパク質の豆を食べる、森のバターと呼ばれるアボカドから健康的に脂質を摂取するようにしてください。

オーサー
Nanami Nakata
Nanami
メルマガ登録はこちら

アカウントをお持ちでない場合は、下のボタンをクリックしてアカウントを作成することです