カート 商品 お問い合わせ

もう我慢しなくていい? チョコレートの誘惑

知られていない魅力がたくさんあるチョコレート

無性にチョコレートを食べたくなった経験はありますか?

ほかのスイーツには代えがたいあの濃厚な味わいが世界中の老若男女の心を離さない証拠に、数えきれないほど世界中に様々なチョコレート製品があります。チョコレートがコーティングされた10円の駄菓子から一粒2000円以上する高級チョコレートデザートまで様々な形で製品化されています。日本でもベルギー、スイスのチョコレートは非常に人気でプレゼントとしても喜ばれますよね。

健康上の理由、体系維持のためチョコレートの摂取を我慢している方、チョコレートをもっと食べたいと思っている方、この記事を読んだ後、チョコレートとの付き合い方が変わるはずです。

チョコレートを食べて幸せな気分になったことはありますか?

)チョコレートの効果の一つとして、セロトニンにより精神を安定させる働きがあります。

しかし、チョコレートを食べすぎる習慣がついてしまうと、食べていない間にセロトニンが低下しやすくなってしまい、イライラしやすくなったりしてしまいます。チョコレートは砂糖も油脂も含んでいます、また、香りや成分は、脳に刺激を与え満足感、幸福感、リラックス感を与えてくれると言われています。

チョコレートの健康効果

)ほかにもチョコレートを食べることで得られる効果には、次のようなものがあります。

  • コレステロール値を下げる
  • 認知機能の低下を防ぐ
  • 心血管系疾患のリスクを軽減する

上記の効果には個人差があり、効果を感じるにはバランスの取れた食生活と適量のチョコレートを長期的に摂取する必要があります。

チョコレートを食べる際の注意点

チョコレートの保存方法は、乾燥した涼しい場所に保管するのが一番です。冷蔵庫に入れると、チョコレートが冷蔵庫の匂いを吸収してしまう可能性があります。

チョコレートは脂肪分と糖分が多いので、太りやすい、健康上の理由から避けた方が良いというイメージがあります。チョコレートを過剰摂取すると、ニキビ、肥満、高血圧、冠動脈疾患、糖尿病を引き起こす原因につながる可能性はあります。

チョコレートを健康のために取り入れる

上記でデメリットを取り上げましたが、健康上のメリットも多いのがチョコレートです。

ダークチョコレートのようにカカオの含有量が多ければ多いほど、より多くの効果が期待できます。ダークチョコレートは脂肪分や糖分が少ない場合もありますが、成分を確認するためラベルをチェックすること、過剰摂取しないことが重要です。

オーサー
Nanami Nakata
Nanami
メルマガ登録はこちら

アカウントをお持ちでない場合は、下のボタンをクリックしてアカウントを作成することです